一人暮らしにダイニングテーブルは不要!?2年使ってわかった4つの事

ダイニングテーブル インテリア・レイアウト

ダイニングテーブル

一人暮らしには必要な物、不要な物があります。

 

それは人それぞれライフスタイルが違うから一概に言うことができないので、実際に使うまでわからないことが多いです。

 

ダイニングテーブルもその一つだと思います。ある人は必要、またある人は不要だと言います。

 

この記事では、私がダイニングテーブルを2年間使ってわかったことをまとめています。

 

必要なのか不要なのか判断できずに悩んでいる方、一読の価値ありますよ!

スポンサーリンク

ダイニングテーブルを2年間使って分かったこと

ダイニングテーブル

椅子で生活する方なら使いやすい

ダイニングテーブルは基本的に椅子とセットで選ぶことが多いです。そのため普段から椅子で生活をしている方にピッタリです。

 

ダイニングテーブルを選ぶ時の注意点は、椅子と一緒に使った時に高さが合うかです。

 

よく、ソファにローテーブルのセットを見かけることがありますが、あの組み合わせだとご飯を食べる時に前かがみにならないといけないので、正直食べにくいです。ホントにおすすめしません。

 

なぜ前かがみにならないといけないのか、なぜ食べにくいのか。それはソファとローテーブルの高さが合わないからです。

 

なので、テーブルの高さは何cmが使いやすいだとか、何cmがベストといったテーブル単体の考えではなく椅子との組み合わせで考えることが重要になります。

 

椅子に座った状態で自分が一番使いやすいと思う高さが正解です。

 

高さが合わないとほんとに食べづらいので、食事をすると仮定して実際に座って違和感がないか確かめてみましょう。

 

個人的には、椅子に座った状態で肘より少し上ぐらいの高さのテーブルが使いやすいので、どの高さが使いやすいのかわからないという方は参考にしてください。

デスクやカウンターテーブルでも代用可能

PCや読書や勉強する為のデスク(テーブルとチェアがセットになったやつ)を持っている場合、これをダイニングテーブル代わりに使うこともできます。

 

その場合、ご飯を食べる時にはPCや本などを一旦片付けるという手間が生まれますが、新たにダイニングテーブルを部屋に置かない分、部屋の広さを保つことができます。

 

カウンターテーブルの場合も同様です。物件によってはキッチンにカウンターテーブルが備え付けられた部屋があります。

 

カウンターの大きさは物件によって様々ですが、多くの場合は2人分の食器を余裕で並べることができる広さがあり、電子レンジやその他家電を置けるほどのスペースを有する物件も存在します。

 

折りたたみチェアやカウンターチェアなどを使えば十分にダイニングテーブルとして使うことができるので、部屋にカウンターテーブルがある場合は、積極的に利用しましょう。

狭い部屋だと邪魔になることも

一人暮らしをしている方の中には、1Rでキッチンやバストイレを含め16平米(約10畳)ほどの小さめの部屋に住んでいる方もいます。

 

このようなコンパクトな部屋にローテーブル、PCデスク、ダイニングテーブルをすべて置くと部屋のスペースが無くなり窮屈な印象になります。

 

というか、この3つを同時に置けない場合もあります。

 

座布団やクッションを使って床での生活が中心の方は、食事やPCを使うときはローテーブルだけで十分な場合もあります。

 

逆に普段は椅子を使って生活をしている方であれば、PCデスクかダイニングテーブルのどちらかで食事とPC作業をする。というように1つのテーブルで複数の作業を兼ねることで、余計な家具を減らし部屋をスッキリ広々と使うことができます。

 

特に椅子を使って生活をしている方の場合、ローテーブルは高さが合わないので買ったとしても使わなくなります。

 

自分が床での生活をするのか、椅子での生活をするのか。また、すでに持っている物で代用できないか。自分自身にとって何が必要で何が不要なのかしっかりと考えてみましょう。

引越しの時に結構つらい

部屋に置いている家具(特にベッドやテーブルといった大きめの家具)が多いと引越す時にかなーり苦労します。これは私自身も経験していることなので断言できます。

 

何度か引越しを経験した方ならわかると思いますが、大きめの家具を部屋から運び出すのって大変だし、新しい部屋にそれを配置しないといけないので結構な重労働になります。(引っ越し業者がやってくれる場合はラッキーです)

 

折りたたみできる物や解体できる物は比較的簡単に持ち運びすることができますが、それができない家具を自分で運ぶ場合は地獄ですね。

 

ダイニングテーブルの場合、折りたたみや解体できるのはごく限られた一部の物だけで、ほとんどの場合は解体できない作りになっており、そのまま運び出さないといけないので、地獄を見ることになるかもしれないです。

 

この事実を初めて一人暮らしを始めた方や、まだ引っ越しをしたことない方には盲点になってることが多いので頭の隅に入れておきましょう。

無くてもどうにかなるが、あれば使う。

ダイニングテーブル

私が2年間使って分かったことの結論は、、、床で生活をする場合は不要。椅子で生活をする場合はあれば使う。

 

という事になります。中途半端な結論で申し訳ないのですが、やはり人それぞれライフスタイルが違うので一概には言えないというのが大きいです。

 

もしダイニングテーブルを使うのであれば、置いても窮屈に感じないようにある程度部屋の広さを確保すること。そして、テーブルと椅子の高さのバランスが重要になります。

 

これらに留意して選んでみてはいかがでしょうか!

一人暮らしでベッドは不要!マットレスのみで寝る時の注意点は?
一人暮らしをしてから初めて気が付くことって、結構たくさんあります。 その中で私が気づいたことの一つに、「ベッドって不要じゃね?」という事があります。 私は実家ではずっとベッドを使っていたのですが、一人暮らしをしてからは様々な...
一人暮らしの狭いキッチンで水切りカゴは必要?代用できるアイテムを紹介!
スッキリ片づけられた広々としたキッチンって素敵ですよね。 作業スペースを広く取れるので使いやすいし、なにより清潔感があるので見た目もいいです。 しかし、一人暮らしの小さい部屋などで狭いキッチンを使っている場合は、必要最低限の...
タイトルとURLをコピーしました