一人暮らしの部屋干し!干し方や干す場所はどこがベストか?

1人暮らしの部屋干し!干し方や干す場所はどこがベストか? 1人暮らしのアイデア

1人暮らしの部屋干し!干し方や干す場所はどこがベストか?

1人暮らしを始めると様々な悩みが出てきます。その悩みは大きな事から小さな事まで人それぞれ違いますが、ほとんどの人に共通する悩みというものもいくつかあります。

 

その中でも結構深刻なのが「洗濯物の部屋干し」問題です。どういう事かと言うと、何らかの理由で部屋干しをしているけど、洗濯物が生乾きになったりイヤなニオイがしたり、そもそもどこに干したらいいのかわからないといった問題です。

 

1人暮らしの場合、1Rや1Kなどの比較的コンパクトな部屋に住んでいる方も多く、ベランダに十分なスペースがなく洗濯物を干せない。また女性の場合、防犯のため部屋干しをしていると言う声をよく耳にします。

 

という事で今回は、部屋干しに最適な場所と干し方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

部屋干しのメリット

1人暮らしの部屋干し!干し方や干す場所はどこがベストか?

上記で「ベランダが小さいから」「防犯のため」等、ホントは天日干ししたいけど出来ないからしかたなく部屋干しをしてると書きましたが、もちろん部屋干しにもメリットはあります!

急な天候の変化に強い

洗濯物を干した時は天気が良くても、急に天気が崩れて雨が降って濡れてしまった。という体験をした方は多くいると思いますが、部屋干しならその心配はいりません。

 

また、梅雨時期や雪の降る時期などは外で干せる機会が少なくなるので、普段から部屋干しに慣れておくといいですね。

花粉が付かない

花粉が多い時期に外に干すと洗濯物に花粉が付き、それが原因でアレルギー症状が出ることもありますね。

 

また私の話になりますが、近所に焼き鳥屋さんがあるんですけど、風向きによってはその煙がベランダを直撃して洗濯物が香ばしくなることがあります。こうなるともう一度洗濯をする羽目になるのでムカつきます。けど、焼き鳥がおいしいので許します。

 

花粉や外のニオイを気にする方は部屋干しをしたほうがいいですね。

プライバシーの保護

下着等ほかの人には見せたくないものを干す場合も部屋干しがいいです。

 

特に女性の場合、洗濯物の量や下着等で女性が1人暮らしをしていると周りに教えるようなものなので防犯上あまり良くありません。下着泥棒やストーカーの被害にあう可能性もゼロではありません。

部屋干しにおすすめの場所

1人暮らしの部屋干し!干し方や干す場所はどこがベストか?

浴室

部屋干しをするのに一番最適な場所は浴室です。なぜ浴室が最適かと言うと、換気扇が付いているからです。

 

浴室乾燥機が付いている部屋に住んでいる方はそれを使えばいいのですが、なかにはそのような設備が無い部屋もあり、みんなが浴室乾燥機を使えるという訳ではありません。しかし、浴室の換気扇はほとんどどの部屋にも付いているのでみんなが使えます。

 

また、急な来客があった場合にも浴室に干しておけば慌てて洗濯物を片付ける必要もありません。浴室を覗く人はなかなかいないし、扉は曇りガラスなので中の様子が分からないようになっているので部屋の中では一番安心して干せる場所です。

 

突っ張り棒を使えば簡単に洗濯物を干すことができますし、換気扇のおかげで意外と早く乾くのでおすすめです。

キッチン

キッチンをおすすめする理由も浴室と同じく、換気扇が付いているからです。浴室に入りきらない洗濯物がある場合は、残りをキッチンに干すといった感じで使うといいと思います。

 

1Kなどに多い、廊下にキッチンがある間取りになっている部屋では突っ張り棒を使えば簡単に干すことができますが、1Rや1DKなどの部屋と一体になった広いスペースのキッチンの場合は突っ張り棒ではなく、折り畳み式の物干し台が使いやすくて便利です。

アイテムを使う

人によっては、浴室とキッチンだけではスペースが足りない、またはほかの場所に干したいといった方もいるかと思います。その場合には部屋干しに便利なアイテムを使いましょう。

 

使い勝手がいいのは上記で説明した物干し台ですが、エアコンに引っ掛けるだけで使えるハンガーもおすすめです。

エアコンの真ん前に干す形になるので、風が直であたり速攻で乾かすことができるアイテムです。除湿などで運転して乾かしましょう。

狭い部屋でもできる干し方

1人暮らしの部屋干し!干し方や干す場所はどこがベストか?

長い物と短い物を交互に干す

1人暮らしの部屋干し!干し方や干す場所はどこがベストか?

出典:http://bamboo-hct.com/yasai/tuyu_sentaku/

洗濯物を早く乾かすには空気の流れを作ることが重要です。長い物と短いものを出来るだけ間隔をあけ交互に干すことで洗濯物の間にスペースができ、空気の通り道を作ることで早く乾かすことができます。

厚手の物やズボンは筒状に干す

厚手の物やズボンは布と布がくっついてるので、乾きづらいですね。そんな時はハンガーを使いましょう。

 

厚手の物はハンガーを2つ使い、前身頃と後ろ身頃がくっつかないように筒状にします。ズボンやスカートも同様です。ハンガーを2つ使うか、洗濯ばさみを駆使して筒状に干しましょう。

バスタオルなど大きい物は蛇腹状に干す

1人暮らしの部屋干し!干し方や干す場所はどこがベストか?

出典:http://rinavis.com/blog/20150723_02

バスタオルは大きいので、部屋干しの時に結構なスペースをとるので一番の難敵ですが、蛇腹状にするとコンパクトに干せるし、空気との接触面も確保できるのでおすすめの干し方です。

まとめ

1人暮らしの部屋干し!干し方や干す場所はどこがベストか?

いかがでしょうか。部屋干しをするには多少の知恵とテクニックが必要になります。しかし、それは難しいものではなくアイデア次第でどうにでもなります。

 

浴室乾燥機や除湿器があれば話は早いのですが、そのような設備がない方も多いし、電気代を気にして使用しない方もいるので、出来るだけみんなが試せる方法をまとめてみましたので、この記事がお役に立てれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました