【一人暮らし初心者必見】私が実際に試した初期費用を抑える方法

【家賃の半年分!?】一人暮らしの初期費用の相場と内訳を調べてみた 部屋を借りる

【家賃の半年分!?】一人暮らしの初期費用の相場と内訳を調べてみた

一般的に1人暮らしの始める時の初期費用は家賃の半年分が必要と言われています。

 

例えば家賃5万円の物件で30万円ほどかかる計算ですね。まあ物件によってこの金額より高かったり低かったりしますが。

 

私が初めて一人暮らしをする時、借りようと思っていた物件の見積もりをしてこれだけの金額が必要と知った時は、あまりに高額すぎて最初は「冗談だろ(笑)どこかで計算ミスってない?」と思いました。まじで。

 

しかし残念なことに、これは冗談でも計算ミスでもなく現実でしたね。うん。でも私は正直こんな大金払いたくないと思いましたね。笑

 

どうにか出費を抑えないといけない。しかしどこをどうしたらいいのか・・・そんなことを考えながらとりあえず不動産会社を出ました。

 

その後すぐに初期費用を抑える方法について調べてみると、結構ありましたね。王道な方法から裏ワザ的な方法まで。

 

私はこれらの方法を駆使してどうにかこうにか費用を抑えることに成功し、無事1人暮らしを開始することができました。

 

ということで今回は初期費用を抑えるための方法について、いくつか紹介していきたいと思います。これから初めて一人暮らしを始める方は特に必見です!

スポンサーリンク

初期費用は大きく分けて3種類!

【一人暮らし初心者必見】私が実際に試した初期費用を抑える方法

まずは初期費用の内訳ですが、物件を借りる際にかかる「物件費用」。引越しする際にかかる「引越し費用」。家具家電、生活必需品をそろえるための「家具家電費用」があります。

 

今回はこれらの費用を抑えるための方法を教えていきたいと思います。

 

また具体的に、初期費用はどんな項目があるのか、内訳はどうなっているのか知りたい方は「【家賃の半年分!?】一人暮らしの初期費用の相場と内訳を調べてみた」で詳しくまとめているので読んでみてください。

 

では詳しく見ていきましょう!

物件費用

家賃、敷金礼金、仲介手数料などの物件を借りる際に必要な費用で、初期費用の中で最も大きな割合を占めています。こいつらをどう抑えるかがポイントですね。

家賃を値切る

1人暮らしでは1R~1DKぐらいがほとんどなので、そこまで大きな金額を値切ることは難しいと思いますが、1000円~3000円程値切れることがあります。

 

家賃は毎月支払うので、値切れる金額が少額でも年間を通してみれば1000円でも1万円、3000円だと3万円以上出費を抑えることができるので馬鹿にはできません。

 

特に4月以降の引越しシーズンが落ち着いた時が狙い目ですね。大家さんも不動産会社も「これを逃したら次は無いかもしれない」と焦っているかもしれないので家賃の値下げ交渉がうまくいきやすい傾向にあります。

 

しかし、あまりしつこく値下げ交渉をすると鬱陶しがられるので、いくつか物件を見たうえでここに決めてもいいなと思った物件の時だけ交渉するといいと思います!

敷金・礼金無料の物件を狙う

物件によっては敷金・礼金が無料の物も数多くあります。両方無料の物件は少ないと思いますが「敷金:無料・礼金:1か月分」など比較的費用の少ない物件はそこそこあります。

 

こちらも上述でも述べた通り4月以降の引越しシーズンが狙い目で、入居者がなかなか現れないこの時期に敷金・礼金を低めに設定する物件が多くなるので、焦らずに自分に合った物件を探しましょう。

 

また、仲介手数料が無料の物件も同時に増えてくることもあるので、敷金・礼金・仲介手数料が安い物件を探すことができるかもしれません。

フリーレント物件を狙う

フリーレント物件とは簡単に言うと、入居後一定期間家賃が無料になる物件のことで家賃1か月分無料になる物件が多いですね。

 

1か月分の家賃が無料になるって何気にすごくないですか!?初期費用を抑えたい方にとってはかなり魅力的なシステムだと思いますよ。

 

これにより初期費用を大幅に抑えることが可能なのでまずはフリーレント物件を優先的に探してみるのもアリです!

 

ただし契約内容などにもよりますが、無料期間だけ住んで退去ということができないので注意です。

部屋の消毒を自分でする

物件の契約内容、費用の内訳が書かれている契約書も見た時にしれっと書かれていることが多い部屋の消毒費用。

 

消毒費用は大体1万円ぐらいだったと思いますが、個人的にはあまり必要だと思わなかったので、私は業者による消毒作業を断り自分でバルサンとエタノールで部屋を掃除しました。

引越し費用

引っ越し作業を引越し屋さんに頼む方も多くいますので、この費用を抑える方法もまとめてみました。

引越しシーズンを外す

引越しシーズンである3~4月は進学や就職を機に一人暮らしを始める人が多いので、引っ越し需要が高まりどの引越し屋さんも割高になります。

 

また曜日や時間帯によっても若干料金が変動し、土日の午前中が最も料金が高くなります。みんな休日の午前中に引越しをして、午後はゆっくり片付けをしたいと考えているからですね。

 

結果、引越しシーズン(3~4月)以外の平日の午後以降が比較的安い料金で引越しすることができると思います!

必ず見積もりをする事

とりあえず見積もりは必ず取りましょう。複数の引越し屋さんを比較すると同時に、早割などいろんなキャンペーンをしている場合があるので、そういうお得情報を手に入れる為にも見積もりは必須ですね!

家具家電費用

物件費用の次に出費が大きい家具家電費用。この出費をどうにかできれば初期費用をかなり下げることができるのでしっかり覚えておきましょう。

家具家電付きの部屋を借りる

まずは家具家電を買うのではなく元々部屋の設備としてついている物件を契約するという考え方です。主にレオパレスですね。

 

私は学生の頃にレオパレスに住んでいたことがあるのですが、初めて一人暮らしをする方、初期費用を抑えたいと思っている方にとって家具家電付きの部屋というのはかなり助かります。

 

自分で家具家電をそろえたいと思っている方にはおすすめできませんが、手っ取り早く家具家電を揃えたい。初期費用を抑えたい。と考えているのであれば家具家電付きの物件はかなりおすすめです!

中古品を買う

家具家電を新品ではなく中古品で買って、できるだけ安く済まそうという方法ですが、最近はこれが主流になっている印象ですね。

 

たしかに家具家電付きの部屋を借りても、その他にも必要な家電などがあれば結局買い足すことになったり、不要な家具があるために部屋が狭くなってしまうということがあります。

 

そうならないために自分に必要な物をあらかじめ決めて、リサイクルショップ・ドンキ・フリマアプリなどでお手頃なものをそろえたほうが賢い選択かもしれませんね。

必要な物だけをそろえよう

不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)におもしろいデータがありました。

不要な物ランキング

出典:http://suumo.jp/journal/2015/03/02/78826/

「1人暮らしを始める際に、意外となくても大丈夫だった家具・家電は何?」というアンケートを取った結果ですが、1位は断トツでソファ(51.6%)。次に椅子(35.2%)。続いて食器棚(25.5%)というデータが出ています。

 

ソファは「置くと部屋が狭くなる」「ベッドがあるからいらない」といった声が多く、椅子に関しては「カーペットに座るから」「高いテーブルがないから」などそもそも最初から不要。食器棚は「カラーボックスで代用できる」といった声がありました。

 

このように、家具家電って人によっては不要なものが結構あるので、ほんとに自分に必要なのか。現在あるもので代用できないのか。しっかり考えたうえで購入すると不要な出費を抑えることができ、結果初期費用が安く済みます。

まとめ

【一人暮らし初心者必見】私が実際に試した初期費用を抑える方法

いかがでしょうか。初期費用を抑える方法は意外と多いです。

 

たとえ家賃の値下げ交渉がうまくいかない場合でも、他の出費を抑えることも十分できるので難しく考えなくて大丈夫です。

 

また、初期費用を抑えることに必死になりすぎてもダメですね。大切なのは妥協できる・できないの境界線をはっきりさせることだと思います。

 

いくらフリーレントで家具家電付きの物件で初期費用が安くても、絶対にバストイレ別じゃないとイヤという方もいますし、最寄駅から遠すぎるから無理という場合もあります。

 

なので、どこは妥協できる・できないという事をはっきりさせておけば、ある程度物件を絞れるし部屋を借りた後の生活もイメージしやすいかと思います。

 

無理せず賢く初期費用を抑えて、楽しい新生活をスタートさせましょう!

タイトルとURLをコピーしました