一人暮らしの味方・片手鍋!サイズ選びや使い方を紹介!

1人暮らしの味方・片手鍋!サイズ選びや使い方を紹介! キッチン

1人暮らしの味方・片手鍋!サイズ選びや使い方を紹介!

これから一人暮らしを始める方も、既に1人暮らしを始めている方も、一つは絶対に持っておきたいアイテムが片手鍋です。

 

この記事では、使い方次第で様々な料理に対応することができる片手鍋の使い方や選び方を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

片手鍋の特徴

片手鍋は他の鍋(両手鍋や土鍋)に比べて、サイズがコンパクトで軽くて扱いやすいのが特徴です。

 

大きさも14cm~20cmと1~2人前の料理を作るのに適してます。煮物や汁物を作るのはもちろんの事、炒め物や揚げ物にも使うことができる万能アイテムです。

 

また、片手鍋一つあれば様々な調理法に対応することができるので、両手鍋や土鍋などを揃えずに済みます。

 

1人暮らしをしている方の中には、収納スペースがほとんど無い狭いキッチンを使っている方も多いので、1つあれば何役もこなせる片手鍋は収納スペースを無駄に消費しない1人暮らしの強い味方です。

片手鍋の材質

鍋の材質はいくつかありますが、主にアルミ・ステンレス・ホーロー・銅が主流です。それぞれの特徴などを紹介していきます。

アルミ

アルミは軽くて値段もお手頃で、熱伝導率が非常に優れています。

 

しかし、高温に弱く食材がこびりつきやすい材質でもあります。なので、お湯を沸かしたり汁物を作る時に向いています。

ステンレス

ステンレスは錆びにくく耐久力に優れ、見た目がピカピカでおしゃれです。

 

熱伝導率はあまり高くないですが保温性が高いので”温めにくく冷めにくい”とった感じで、煮込み料理に向いています。

 

値段もアルミに比べ高価なので料理にこだわりたい人向けです。

ホーロー

ホーローは、こびりつきにくい・汚れが落ちやすい・見た目がきれいといった特徴があり、とても扱いやすい材質です。

 

一方で、急激な温度変化や落としたりぶつけたり衝撃に弱いといった弱点があります。また、鍋自体も重たいのでその点も注意が必要です。

銅は熱伝導率が非常に高いのが特徴です。また錆びにくく殺菌効果もあります。

 

一方で、重く扱いにくいとい・被膜が剥がれるとこびりつきやすくなるといったデメリットもあり、玄人好みの材質といった感じです。

片手鍋でできること

1人暮らしの味方・片手鍋!サイズ選びや使い方を紹介!

鍋と言えば煮物に使うことがほとんどですが、実は「煮込む」こと以外にもいろいろと使えます!

煮込む

鍋の使い道と言ったらまずは「煮込む」ことですね。

 

特にステンレスやホーローや土鍋は保温性が高く、一度温めるとなかなか冷めないので煮物に適しています。

焼く

玉子を焼いたり、肉を焼いたりする時には普通フライパンを使いますよね。しかしこれは片手鍋でも出来てしまうんですよ。

 

使い方は基本的にフライパンと一緒ですが、アルミやステンレスはこびりつきやすいので、しっかり油をひきましょう。

炒める

炒めるのも片手鍋でできます。こちらもフライパンと同じ感覚で使いましょう。

 

ただ、片手鍋はフライパンと比べサイズが小さく深いので、炒飯等を作る時にあおることが難しいです。と言うかほとんどできません。

 

あおる工程がある料理に関してはおとなしくフライパンを使いましょう。

揚げ物

揚げ物も片手鍋でできます。

 

ただ、油の処理が面倒なので私はあまり揚げ物はしませんでした。

茹でる

茹でることも片手鍋は得意です。

 

サイズが小さめなので少しの水で茹でることができるし、深さもあるのでそこそこサイズがあるヤツでもしっかり茹でることができます。

ご飯を炊く

少し意外かもしれませんが、ご飯を炊くこともできます。初めは失敗することもあると思いますが、コツをつかめば簡単に出来て、しかもおいしいです。

 

もし、片手鍋でご飯を炊きたいときは透明なフタを使ってください。中の様子が見えるので焦げ付いたり失敗することが減ります。ここだけ覚えておきましょう!

選び方のポイント

16~18cmが使いやすい!

お茶やコーヒー用にお湯を沸かす時や、味噌汁やインスタントラーメンを作る時にピッタリなサイズが16~18cmです。煮物を作る際にも2人前ぐらいであればこのくらいで十分作れます。

 

もし2種類欲しい時には1つは16cmで、もう一つは14cm(小さめ)or20cm(大きめ)といった感じで大きさを変えると、片方は味噌汁もう片方は煮物という感じで同時進行できます。

 

とりあえず16cmを選べばどうにかなります!もう一つ鍋がほしい場合にサイズが違うものを買えばいいかと思います。

フタ付きの物を選ぼう!

そもそもフタが付いてない鍋があるのかどうかわかりませんが、一応念のために書いておきますが、必ずフタ付きの鍋を選びましょう。

 

もしフタが付いてない場合は、フタだけでも売っているので必ずそろえるようにしましょう。出来れば鍋の中を確認することができる透明のフタがベストですね。

片手鍋だけで自炊する人はフッ素加工がおすすめ

フライパンや両手鍋は使わずに片手鍋だけで勝負するという意識が高い人は、フッ素加工を施した片手鍋がおすすめです。

 

フッ素加工の特徴は、食材がこびりつきにくく手入れが簡単なところで、特にフライパンの代わりに片手鍋を使うという方には重宝されると思います。

 

そんな便利なフッ素加工でも「高温に弱い」「加工が剥がれるとこびりつきやすくなる」といったデメリットが存在します。

 

このデメリットを理解し、空焚きして高温状態にしない事や、フッ素加工が剥がれないように丁寧に扱うor加工が剥がれたらすぐに買い替える等の対策をしましょう!

まとめ

1人暮らしの味方・片手鍋!サイズ選びや使い方を紹介!

サイズや材質がさまざまな片手鍋は使いこなせるとこれだけでほとんどの料理をカバーできるようになるので、ぜひ使いこなせるようになりましょう!

 

関連記事です。一人暮らしでのフライパン選びについてまとめています。

一人暮らしで使うフライパン選びはサイズと深さが重要!
自炊に必要なアイテムはいくつかありますが、その中でもフライパンは絶対に外せないアイテムの一つです。 しかし一言にフライパンと言ってもサイズや素材がたくさんあり、どれを選んでいいのか迷います。 という事で今回は、1人暮らし...

 

また、下記の記事で狭いキッチンをうまく使う為の収納術やおすすめアイテムを紹介していますので、ぜひ読んでみてください。

一人暮らしの狭いキッチンの収納術とおすすめアイテムを紹介!
一人暮らしで小さめの部屋の場合、キッチン周りがどうしても乱雑になってしまうことが多いものです。 物があふれてしまい、実際に料理をする時に物をどけながら作業をしなくてはならず、不便を感じることも多いでしょう。 そんな時は、ちょ...
タイトルとURLをコピーしました