何がきっかけで一人暮らしを始めようと思ったのか。始める際の重要なポイントは何?

何がきっかけで1人暮らしを始めようと思ったのか。始める際の重要なポイントは何? 1人暮らしのアイデア

何がきっかけで1人暮らしを始めようと思ったのか。始める際の重要なポイントは何?

実家暮らしをしてると「いつかは1人暮らしをしてみたい」と思う時期ってありませんか。

 

私はありましたね。別に実家で家族と不仲になったとか、進学や就職をしたからとか何か特別な理由があるわけでもないのですが、無性に1人暮らしをしたくなる時期がありました。

 

なんとなーく1人暮らしをしたいなと思っていながらだらだらと実家暮らしを続ける方って、意外といると思うんですよ。1人暮らしをするタイミングを逃した的な。

 

という事で今回は、みんなが1人暮らしをするきっかけとなった出来事や動機と、始める際の重要なポイントなどをまとめてみました。

 

これから一人暮らしを始める方や将来考えている方、役に立つ情報があると思うので是非一読ください!

スポンサーリンク

1人暮らしをする必要性

何がきっかけで1人暮らしを始めようと思ったのか。始める際の重要なポイントは何?

みんなが1人暮らしを始めるきっかけになったことや動機の前に、そもそも1人暮らしをする必要ってあるのかどうかについて考えてみました。

 

結論から言うと、1人暮らしは絶対にしたほうがいいです。ずっと実家暮らしをするより確実に成長できます。

 

たとえば、毎日の料理、洗濯、掃除などを親に任せっきりで何一つできない状態で歳を重ねると、親がいなくなった時に悲惨なことになります。

 

結婚する時もそうですね。結婚相手が主婦(夫)希望で家事が好き・得意な場合は別ですが、共働きの場合は家事を分担することが多いので、料理を作るのは難しくてもせめて掃除や洗濯くらいは出来ないと相手にばかり負担をかけるので、これが原因でお別れするなんてことも無きにしも非ず。

 

「実家暮らしでも家事は完璧だよ!!」という方もいると思いますが、1人暮らしでしか体験できないこともあるので、何かしらの経験値を積むことができ成長することができます。

 

私は1人暮らしをするまで全て親に任せっきりだったので、1人暮らしをした当初は家事が大変だったのを覚えています。そしてそれと同時に親のありがたみを感じました。大変感謝しています。

 

私の場合はこんな感じですが、人間的にも少し成長できると思うので短い期間でもいいので1人暮らしをしてはいかがでしょうか。

1人暮らしを始めたきっかけ

何がきっかけで1人暮らしを始めようと思ったのか。始める際の重要なポイントは何?

1人暮らしを始めるきっかけは人それぞれですが、下記の5パターンに分かれていることが多いように感じます。それでは見ていきましょう!

大学・専門学校へ進学するから

大学や専門学校が遠くにあるため1人暮らしを始める。これは一番よくあるパターンですね。

 

卒業後には実家と離れた場所で就職して1人暮らしをする可能性もあるので、学生のうちに経験できるのは大きな意味があると思います。

 

学生時代は時間的余裕はあっても金銭的な余裕はないので、親の仕送りやバイトもしくは奨学金などで生活費を工面する必要があります。私は奨学金で乗り切りました。

 

また週末は飲み会やら鍋パやら、何かとたまり場になりやすいです。親の目がないのでやりたい放題、自由に何でもできるのが1人暮らしの良いところですが、自分を律することができない人は光の速さで堕落する可能性もあるので注意が必要です。

 

限られたお金でやりくりし自分を律することができれば、社会人になってもスムーズに1人暮らしを継続することができるでしょう。

就職を機に

学校を卒業後、就職を機に1人暮らしを始めるという方も多いのではないでしょうか。

 

社会人になると親からの仕送りがなくなる方も多く、給料だけでやりくりしないといけないので、学生時代より自由に使えるお金が無くなります。

 

1人暮らし開始当初はアパートの初期費用だったり家具家電をそろえたり、生活費を考えないといけないのでとにかくお金が無い状態が続きます。なので学生時代にできるだけ貯金していたほうがいいです。

 

会社から帰ってきて疲れているのに料理や洗濯をするのははっきり言ってだるいです。お金もないし疲れるし孤独だし、実家に戻ろうかなと思う時期も出てくると思います。

 

しかし、それはみんなが通る道だと思って慣れましょう。今の時代はググれば生活費を抑える方法など1人暮らしに役立つ生活術が溢れているので、とりあえずググりましょう。

彼氏・彼女ができた

彼氏・彼女ができたから1人暮らし、もしくは同棲を始めるという方もいますね。

 

学生には少しハードルが高いと思いますが社会人であれば別に珍し事ではないです。私の周りにもそこそこいますね。

 

恋人が1人暮らしをしている場合の最大のメリットは人目をはばからずにイチャイチャし放題とういことですね。

 

おうちデートできるので、外食が減り出費を抑えることもできますしお泊りするのも簡単です。メリットだらけですね。

 

しかし同棲するとなると話は別です。家事をどちらか一方だけに任せっきりにすると不満は募るし、これまで育ってきた環境が違うのですから細かいところで価値観の違いを実感するかと思います。(トイレのふたを閉める閉めない問題等)

 

そうならないためにも家事はうまく分担して、価値観の違いはお互いに認め合い寛容な心で接するようにしましょう。

実家に居辛くなった

30歳を超えると親や親戚から「いつ結婚するの」攻撃が始まりますね。これって結構鬱陶しいと思いますが1人暮らしを始めるいいきっかけだと思います。

 

親の介護や何かしら家庭の事情で仕方なく実家暮らしを続けている場合は別ですが、ただ単に楽だからという理由で実家暮らしを続けるというのはあまりいい印象はないです。

 

1人暮らしを始めると実家暮らしでは体験することができない事もたくさんあるので、絶対に一度は経験したほうがいいと思います。この経験はこの先の人生で必ずプラスになります。

 

実家に居辛いと感じた時、それは1人暮らしをする時期が来たんだと思いましょう。

お金が貯まった

以前から1人暮らしをしたい願望はあるけどタイミングが分からない。そういう方もいるかと思います。

 

こんな時は1人暮らしに必要な金額が貯金出来たタイミングで開始してはいかがでしょうか。

 

1人暮らしを始めるには家賃や家具家電、当面の生活費を考えるとどうしてもお金がかかるものです。一般的には家賃の半年分のお金が必要だと言われています。家賃5万円のアパートの場合30万円必要という事ですね。

 

なんとなく1人暮らしをしたいけどタイミングやきっかけがないという方は、目標金額を設定し貯金してみてはいかがでしょうか。

 

下記の記事で詳しくまとめているので時間がある時にでもご覧ください。

⇒【家賃の半年分!?】一人暮らしの初期費用の相場と内訳を調べてみた

始める際の重要なポイント

何がきっかけで1人暮らしを始めようと思ったのか。始める際の重要なポイントは何?

お金は絶対に必要!!

1人暮らしを開始する際の初期費用って思った以上にかかります。上述のとおり家賃の約半年分が必要と言われています。

 

進学や就職を機に1人暮らしを考えていても、お金が無いと部屋を借りることができないし生活することもできません。

 

1人暮らしを始めると生活費がかかるので貯金に回せるほどお金に余裕がない場合がほとんどですので、実家に居る間に少しづつでいいので貯金をするように心がけましょう。

学校や職場から近い場所に住む

住んでいるところから学校や職場から遠いと毎日通うだけで疲れますよね。

 

せっかく住む場所を自由に選べるのですから、学校や職場に近い場所のほうが交通費も安くすみますし通勤通学の時間を短縮することができます。

 

しかし場所によっては家賃が高かったり、立地条件があまりよくない場合もあるので、部屋を決める際には十分に注意しましょう。

まとめ

何がきっかけで1人暮らしを始めようと思ったのか。始める際の重要なポイントは何?

いかがでしょうか。1人暮らしを始めるきっかけというのは人それぞれです。

 

必要性を感じないという方もいると思いますが、私個人的な意見としては絶対に一度は経験しておいたほうがいいです。

 

そこでしか体験できない事や今まで気づかなかったことに気づくことができます。

 

この経験は今後の人生において大きなプラスになると私は思っています。実際に私は学生の頃に1人暮らしをした経験があり、周りに比べて生活力が高く1人である程度何でもできるだけの力はつきました。

 

社会人になり一度は実家に戻りましたが、1人暮らしを再開する時には当時の経験があったので少ない給料でもスムーズに開始できたのを覚えています。

 

この記事を読んで1人暮らしに興味を持つ方がいれば幸いです。当サイトでは1人暮らしに関する情報をまとめて発信しているので何かしらお役に立てればと思っています。ぜひご活用ください!!

⇒部屋を借りる前に要チェック!幽霊物件の見分け方!

タイトルとURLをコピーしました