一人暮らしの部屋の広さはどれくらいがベスト?

【ワンルーム?1LDK?】1人暮らしの部屋の広さはどれくらいがベスト? 部屋を借りる

【ワンルーム?1LDK?】1人暮らしの部屋の広さはどれくらいがベスト?

多くの人が1人暮らしを始める時にまず考えることは「どんな部屋にしようか」ではないでしょうか。

 

もちろん、家賃や場所などもありますが部屋の広さや間取りを考えない人はいないですよね。

 

部屋の広さはワンルーム(1R)から2LDK、3LDKなど様々ですが、一人暮らししている方はワンルーム~1DKが多いそうです。

 

どの部屋のタイプ(広さ)にも、それぞれメリット・デメリットとなる点がありますので、どれぐらいの広さがベストなのか。

 

この記事では部屋のタイプ(広さ)別の特徴をまとめています。一人暮らしを始めたい、そろそろ引っ越しをしたいと思っている方、参考になると思いますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

部屋のタイプ別の特徴

1R(ワンルーム)

【ワンルーム?1K?】1人暮らしの部屋の広さはどれくらいがベスト?

全ての部屋タイプの中で一番シンプルなワンルームは、部屋を仕切るドアがないので実際に見てみると間取り図よりも広く感じます。

 

この仕切りの有無がポイントで、部屋の温度を一定に保ちやすい反面、料理のにおいが部屋中に広がりますね。

 

またキッチンもかなり小さめでまな板を置くスペースもない物件も多く、自炊をする人にはあまり向いてないと思います。

 

部屋の広さにもよりますが、ほかのタイプの部屋よりは家賃が低めに設定されていることが多く、学校・会社から遅く帰ってきて部屋は寝るだけという人や、自炊をあまりしないという方におすすめです。

 

特徴

  • 部屋タイプの中で家賃が最も安い
  • 部屋の仕切りがないので部屋の温度を調整しやすい
  • 部屋中ににおいが広がる
  • キッチンはかなり小さい

1K

【ワンルーム?1K?】1人暮らしの部屋の広さはどれくらいがベスト?

キッチンと部屋を仕切ったタイプの1Kは使い勝手がよく、個人的に1人暮らしするのに一番おすすめの部屋タイプです。

 

ワンルームのデメリットである料理後のにおいが仕切りがあることで防ぐことができますし、家賃は少し上がりますが水回りがしっかりした物件もあります。

 

キッチンスペースや収納スペースは狭い物件が多いので、広さより使い勝手、自炊もするという方に向いていると思います。

 

特徴

  • ワンルームとほぼ一緒
  • キッチン、部屋で室温が変わる場合がある
  • キッチン・収納スペースはわりと狭い

1DK

【ワンルーム?1K?】1人暮らしの部屋の広さはどれくらいがベスト?

1Kのキッチンがさらに広くなった1DK。キッチンの広さが4.5帖~8帖未満が1DKとなるようです。

 

このぐらいの広さになるとそれ相応に家賃は高くなりますが、バストイレ別が多く、クローゼットなどの収納スペースが充実しており、ストレスなく住むことができると思います。

 

この部屋はDK(ダイニングキッチン)をどのように使うかがポイントですね。

 

ダイニングキッチンでご飯を食べる。けどテレビは洋室にある。という場合には結局洋室でご飯を食べる機会が増えるかと思います。かといって、この広大なスペースを活用しないわけにはいかない。

 

意外と悩ましい広さなんですよね。なので思い切って仕切りをフルオープンにしてワンルームのように使うのも一つの手です。

 

住む人によって使われ方が最も変わるタイプだと思いますので、物件を決める際にはどのように使うか具体的に想像してから決めましょう!

 

特徴

  • バストイレ別が多い
  • 水回りの設備がしっかりしている
  • 収納スペースがかなり充実している
  • ダイニングキッチンの使い勝手が何とも言えない

1LDK

【ワンルーム?1K?】1人暮らしの部屋の広さはどれくらいがベスト?

1DKをさらに広くした1LDKは、キッチンが8帖以上の広さになるとDKからLDK(リビングダイニングキッチン)に進化します。

 

1人暮らしでこの広さの部屋に住んでいる人は結構すごいと思います(経済的な意味で)。部屋の広さ、キッチン回り、収納スペースはかなり充実しており不便に感じることはほとんどないです。

 

この部屋はLDKが洋室より広い場合が多いですね。食事したりくつろぐスペースはLDKで、着替えや寝る時に洋室を使うといった感じに分けるといいかも。

 

1人暮らしする分にはもちろん、二人でも全然広いので恋人と同棲を考えている方にもいいと思いますよ。

 

特徴

  • 二人で暮らせるぐらい広い物件もある
  • バストイレ別がほとんど。脱衣所もある
  • 収納スペースも文句なしの広さ
  • 家賃は他のタイプよりかなり高い

部屋を見る時のチェックポイント

【ワンルーム?1LDK?】1人暮らしの部屋の広さはどれくらいがベスト?

部屋を決める時は皆さんそれぞれ「絶対にバストイレ別がいい」「クローゼット付きの部屋がいい」などいろいろこだわりたいポイントがありますよね。

 

しかし、そのこだわりのポイントさえクリアしていれば決定というわけにもいかないので、部屋を決める際に見ておいたほうがいいチェックポイントをまとめてみました。

部屋の広さ

物件を実際に見に行くと間取り図で見るよりなんだか広く感じることはありませんか?

 

なぜ広く感じるのかと言えば、家具を置いていないからです。

 

実際に生活してみると、テレビ、冷蔵庫、ソファ、ベッドなど大きな家具・家電に囲まれることになるため、例えばワンルームの場合は部屋の3分の2ぐらいの残されたスペースでの生活となります。

 

なので実際に物件を見に行く時は、その部屋のどこに何を置くかある程度イメージしてみましょう。

コンロの種類

ワンルームや1Kなど比較的小さめの部屋の場合、どうしてもキッチンスペースが小さくなります。

 

問題ありまくりなキッチンで特にチェックしたほうがいいポイントはコンロの種類とその数です。

 

ガス、ホットプレート、IHなどいくつか種類がありますが、なかには蚊取線香みたいな電熱タイプの物もあります。個人的にはガスコンロが一番使い勝手がよかったのでおすすめです。

 

コンロの数は普段から自炊をする人であれば2つは欲しいところです。コンロ1口だけでももちろん調理はできますが、使い勝手を考えるとやはり2つあったほうが無難かと思います。

 

逆に自炊をあまりしない人であればコンロは1口でも問題ないです。自分の生活スタイルに合ったタイプを選びましょう。

バス・トイレ

「バストイレ別」「シャワーのみ」「ウォシュレット付き」など、バス・トイレ事情は結構こだわりを持った人が多いためいろんなタイプが存在します。

 

住宅・不動産情報サイトのsuumoのアンケートによると、決め手となった物件の設備や仕様では、断トツの1位でほぼ半数の人が「バストイレ別」と回答しています。

 

毎日使うものだからここだけは妥協できないという人が多いということですね。

 

一人ひとりこだわりは違うと思いますが、バス・トイレに関しては妥協せずに自分が納得のできる設備・仕様の物件を選んではいかがでしょうか。

収納スペース・下駄箱

収納スペースは近年最も注目されるようになったポイントで、意外と見落とせません。

 

特にクローゼットの有無は重要ですね。

 

クローゼットはスペースが広ければ広いほど便利で、普段は散らかっている部屋で突然友達が遊びに来ることになっても、とりあえず全部クローゼットに押し込んでその場をしのぐという力技もできます。

 

また下駄箱も意外と重要です。特に女性であれば靴・ブーツ・ヒールなど履物がたくさんありすぎて玄関を埋め尽くしてしまう。なんてことがあるかと思います。

 

そうならないためにも下駄箱の容量、長靴やブーツなど背の高いものが入るかどうかも確認しましょう。

洗濯機置場

これ、優先度はそんなに高くないのですがかなり重要です。私の経験上、洗濯機は室内にあったほうが断然いいです。

 

室外にある場合(特にベランダ)は、冬は寒くてやる気がなくなります。正直面倒です。

 

また洗濯機が外にある場合、雨風にさらされ続けるので結構壊れるのが早いです。

 

そうならないためにも、できるだけ室内に洗濯機置場のある物件がいいと思います。

ベランダの有無

部屋の中ばかり確認してベランダは確認してないという方、多いのではないでしょうか。

 

ベランダは、小さすぎると洗濯物を干すことが難しくなり、部屋干しを余儀なくされます。

 

見落としがちですが、ベランダの有無・広さなどは確認しましょう。

1人暮らしにベストな広さは・・・

【ワンルーム?1LDK?】1人暮らしの部屋の広さはどれくらいがベスト?

1Rから1KDあたりが現実的なのではないでしょうか。1LDKは1人暮らしには広すぎるし家賃が高いです。

 

1Rと1Kは部屋は小さいですが、その分家具・家電を厳選したりうまく収納スペースを活用すれば思いのほか狭くならずに済みますし、何より掃除が楽です。

 

たしかに水回りは少し難がありますが、そこは妥協せずに納得のいく設備の物件を選べばいいと思います。

 

そう考えると最もベストなタイプは1DKかもしれませんね。

 

部屋も狭すぎず広すぎず。収納スペース・水回りも充実。家賃もそこそこ。うん。迷ったら1DKでいいと思いますよ。

 

ここまで充実してなくていいので、もうちょっと家賃を抑えたいと思うのであれば1Rや1K。彼氏・彼女との同棲を考えているので、もうちょっと広めがいいと思うのであれば1LDK。

 

といった具合に、まずは1DKを中心に自分のライフスタイルに合わせてどうするか決めてみてはいかがでしょうか。

 

また、下記記事では幽霊物件の見分け方についてまとめています。

 

どんなに好条件な物件でも、その部屋に幽霊が出るとなればほとんどの人は耐えられないので引越すことになるかと思います。まあ、そもそもそんな体験はなかなか無いと思いますが、頭の片隅にでも入れて頂ければと思います(笑)

部屋を借りる前に要チェック!幽霊物件の見分け方!
部屋を借りる時のポイントは、「駅から近い」「家賃が安い」「風呂トイレ別」など、様々な条件の中から自分に合った物件を選びますが、その時に忘れてほしくないのが「部屋に幽霊が出ないこと」です。 せっかくいい物件を見つけても、誰もいない部...
タイトルとURLをコピーしました