一人暮らしの狭いキッチンで水切りカゴは必要?代用できるアイテムを紹介!

キッチン

スッキリ片づけられた広々としたキッチンって素敵ですよね。

 

作業スペースを広く取れるので使いやすいし、なにより清潔感があるので見た目もいいです。

 

しかし、一人暮らしの小さい部屋などで狭いキッチンを使っている場合は、必要最低限の物しか置いていなくても、そもそものキッチンが小さく狭いので、スッキリ広々とキッチンを使うのは、なかなか難しいものです。

 

私の場合、水切りカゴが結構な面積を占領していたので、ミニマルな生活とは程遠い生活感満載のごちゃごちゃとしたキッチンでした。

 

でもそんなある日、急に「水切りカゴっていらなくね?」って思うようになりました。

 

ということで、試しに水切りカゴを使わない生活をしてみたところ、大当たり。

 

あんなに雑然とした印象のキッチンだったのに、清潔感のあるシンプルなキッチンになり、物が少ないことで作業スペースを広々と使え、調理がしやすくなるなど良いことがいっぱい。

 

そこにあるのが当たり前だった水切りカゴを処分する。初めは少し抵抗があったのですが、メリットのほうがたくさんあったので無くても何とかなります。

 

という事で今回は、私が水切りカゴを手放すことに至った経緯や、代わりに使えるスグレモノを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

水切りカゴを手放す決断をした理由

私が水切りカゴを捨てようと決断に至った理由は、大きく3つありました。

  1. キッチンが狭い
  2. 洗い物が少ない
  3. 水切りカゴって清潔なのか

下で詳しく説明していきます。

1、キッチンが狭い

私が住んでいた部屋のキッチンは、まな板や食材を置くスペースがないほど小さく使いづらいキッチンでした。

 

そこをドドンと占領していたのが水切りカゴだったので、これをどうにかしないと未来はないなと思いました。

 

そこで今まで使っていた水切りカゴを、スリムな物や突っ張り棒で壁に取り付けるタイプの物などいろいろ試して、どれもそれなりにいい感じで使いやすかったのですが、やはり最終的には「もっと広々とした見た目のキッチンにしたい」ということで手放すことにしました。

2、洗い物が少ない

機能性抜群!狭いキッチンでも使える水切りカゴ5選!

一人暮らしをしている方って、そもそも洗い物の量がそんなに多くないと思います。

 

中には、食器類をたくさん持っている方もいると思いますが、私は極力洗い物を少なくするように生活していたので、茶碗などを使わずワンプレートにご飯やメインディッシュを入れて食べることがほどんどでした。

 

そのため普通のサイズの水切りカゴはもちろん、スリムな水切りカゴでさえ余すことなく使うことができなかったです。

 

食器類が少ないというのも、水切りカゴを手放すうえでは重要だと思います。

3、水切りカゴって清潔なのか?

水切りカゴって結構汚れやすいものです。

 

特にプラスチック製のものは、水はけが悪いものだと石鹸や水垢などがこびりついてヌルヌル状態になりますね。

 

汚れが付きにくいステンレス製のものでさえ、汚れが”付きにくい”だけであって付かないわけではないです。

 

そのまま放置して使っていると、当然水垢やサビが発生してくるので掃除してあげることが大切ですが、水切りカゴって細かいところが多くて洗うのが結構大変なんですよね。

 

何度か洗っているうちに、それが億劫になりました。

 

上記の3点が大きな理由です。

 

これ以外にも、「水切りカゴのサイズがキッチンに合わない」とか「水切りカゴを買い換える予定だったけど色々調べたら不要だという事に気づいた」など、人によって手放す理由は様々です。

 

もし、今使っている水切りカゴが使いづらくて気に入らないのであれば、新しいのを買うのではなく、思い切って使わないという選択をするのもアリだと思います。

代用品として使えるアイテム

ここでは水切りカゴの代わりに使えるアイテムを紹介したいと思います。

 

アイテムにはそれぞれ特徴があるので、自分に合うと思うものを使ってみてはいかがでしょうか!

水切りトレー

下に溜まった水がそのまま流れ出る設計の水切りトレーで、コンパクトサイズながら一人分の食器を置くのにはちょうどいいサイズですね。

 

また、脚の部分に滑り止めが付いているので、ガタつくことが少なく使い勝手がいいです。

 

上のすのこ部分と下のトレー部分に分解できるので、掃除するのも簡単だし、薄くて軽いので使わない時は、ちょっとした隙間などに収納することができます。

 

脱・水切りカゴをするはじめの一歩としておすすめのアイテムです!

珪藻土マット

バスマットで有名な珪藻土(けいそうど)の水切りトレーです。

 

珪藻土の吸水力を生かして食器類の水気を吸い取ります。

 

このアイテムは、グラスなどを置くフラット面とお箸やまな板などを置くのに便利な波面が一つになったタイプで、非常に使い勝手がいいです。

 

水分をすぐに吸収するので雑菌の繁殖を抑えることができ、プレート自体にも防菌機能があるので衛生的です。

 

吸水力が落ちてきた場合は、日陰に干しておくことでその能力が回復するので、長期間活躍してくれます。

 

オシャレで機能的なプレートがほしい方におすすめです!

スポンジワイプ

自重の10倍以上の水分を吸収することができるスポンジワイプは、日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、ヨーロッパで広く使われている天然素材を使ったフキンです。

 

野菜や食器類の水切りにも使えるし、濡れたテーブルを拭いてフキンのように使うこともできます。

 

速乾性があるので菌が繁殖しにくくニオイもほとんどしません。もしニオイや汚れが気になったら洗濯機で丸洗いできるし、煮沸消毒もできます!

 

北欧風のデザインのスポンジワイプ、これがあるだけでキッチンが華やかになりますね。

折りたたみ水切りラック

食器の水切りはもちろん、食材やまな板を置く作業スペースとして使うこともできる折りたたみできる水切りです。

 

すのこ部分に皿などを立てて差し込んで置くことができるので、水切りとしての機能だけでなく皿の置き場所にもなります。

 

また、ワイヤー部分は簡単に取り外すことができるので、蛇口をよけて設置することもできるし、掃除する時にも便利です。

 

水切り・作業台・収納。この三つの機能を持っているので、作業スペースや収納スペースが少ない小さいキッチンを使っている方にもおすすめです。

まずは1日水切りカゴを使わない日を作る

私が水切りカゴを手放した理由や、代用できるアイテムを紹介しましたが、いきなり水切りカゴを使わない生活をするのには少し抵抗があるという方も多くいるかと思います。

 

そんな時は無理せず、まず1日水切りカゴを使わない生活をしてみてはいかがでしょうか。

 

今回紹介した代用できるアイテムでもいいですし、普段使っているトレーにきれいなタオルやキッチンペーパーなどを敷いて、それを簡易的な水切りとして使ってみるのもいいかもしれません。

 

そして”洗う・ふく・しまう”をセットで行うことも重要です。初めのうちは面倒だと思いますが、慣れてくると全然大したことないです。

 

大切なのは無理をせずに出来る事から実行することです。

 

そうすることで少しづつ、水切りカゴを使わない生活にシフトすることができます。

 

中には、思い切って水切りカゴを捨てたが、やっぱり必要だった・・・という方も出てくると思います。

 

そんな方には普通のサイズよりスリムな水切りがおすすめです。

 

関連記事です。使いやすいスリムな水切りカゴや、狭いキッチンをうまく使う為の収納術やおすすめアイテムを紹介していますので、ぜひ読んでみてください。

機能性抜群!狭いキッチンでも使える水切りカゴ5選!
水切りカゴって便利ですが、結構場所をとるため1Rや1Kのような狭いキッチンじゃ使い勝手があまり良くないです。 そんな場所をとるイメージの水切りカゴですが、中には狭いキッチンにも対応できるようにうまく考えられた水切りカゴも存在し...
キッチンが狭すぎてまな板を置けない時の4つの対処法
ワンルームや1Kなどの比較的狭い部屋では同じようにキッチンも狭いです。その狭さはまな板を置くことすらできない程で自炊する気がなくなります。 いっその事すべて外食にしようと思うくらいですが、1人暮らしで自炊を全くしないという方は経済...
一人暮らしの狭いキッチンの収納術とおすすめアイテムを紹介!
一人暮らしで小さめの部屋の場合、キッチン周りがどうしても乱雑になってしまうことが多いものです。 物があふれてしまい、実際に料理をする時に物をどけながら作業をしなくてはならず、不便を感じることも多いでしょう。 そんな時は、ちょ...
タイトルとURLをコピーしました