【キッチン編】一人暮らしの部屋は意外と臭い!においの原因と対処法を調べてみた

キッチン

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%ef%bc%93

1人暮らしにも慣れてきたし、友達を呼んで宅飲みをしたい!と思う方、友達を呼ぶ前に部屋のにおいは大丈夫ですか。

 

においというのは、良くも悪くも慣れてくるものなので、自分の部屋のにおいは自身ではなかなか気が付きにくいものです。

 

もし臭いが結構きつい状態で友達を呼んでしまうと、きっと変な顔をされるでしょうね。そうならないためにも事前に部屋のにおい対策をしておきましょう。

 

とは言っても、臭いが発生する箇所は部屋中至る所にあるので今回はキッチン編という事で、キッチン周りのにおいが発生しやすいポイントに絞ってまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

キッチン周りのにおいの発生源

【キッチン編】1人暮らしの部屋は意外と臭い!においの原因と対処法を調べてみた

キッチン回り、水回りって雑菌が繁殖しやすく少し掃除をさぼっただけで、菌が大繁殖して嫌なにおいの原因になります。ほぼ毎日自炊をする方はもちろん、あまり自炊をしない方も定期的な掃除は必須です。

 

特にあまり自炊をしない方はキッチンを使うことが少ないので、菌が繁殖していても気が付かない可能性が高く、ある日臭いが気になってキッチンを覗いてみると凄いことになってたという事もあるかもしれません・・・。

 

今回いくつか掃除するポイントをまとめましたので、手遅れになる前に匂いが発生しやすい箇所と対処法を覚えて、定期的に掃除するようにしましょう!

・ゴミ箱や三角コーナー

キッチン周りで一番においが発生しやすい箇所は、ゴミ箱や三角コーナーです。特に三角コーナーの生ゴミは菌が繁殖しやすく悪臭の原因になるので、生ゴミはできるだけ早く処理することが大切です。

 

臭いの原因は「嫌気性微生物」という微生物なんですが、この微生物が生ゴミを分解する際にあの嫌なにおいを発します。それが濡れた環境ならもっと活発に活動するので、生ゴミはできる限り濡らさないことがポイントになります!

 

また、ゴミをため込まないようにゴミ捨てする頻度を多くすることも匂いを抑えることにつながるので覚えておきましょう。

 

下記記事で詳しくまとめているので、時間がある時にでも読んでください。

これで臭わない!私が実際に試した一人暮らしの生ゴミ処理方法!
1人暮らしで自炊をしているといつか訪れる生ゴミの処理方法。ニオイは凄いし虫は湧くし、そのまま放置していたらとんでもないことになる事が目に見えます。 が、この生ゴミ問題は結構深刻で、初めて一人暮らしをする方は生ゴミをどのように処理を...

・シンクの排水溝

シンクの排水溝は調理中に出た野菜くずや食べカスに菌が繁殖するので、定期的にきれいにしないとイヤな匂いが発生しやすく、ぬめりが出てきて掃除する気すら失せます。

 

私も一度経験がありますが、あのヌメりはそのまま放置しておくととんでもないことになります。かなりおぞましい姿に変わります・・・

 

シンクの排水溝の匂い・ぬめり対策はいくつかありますが、一番簡単でおすすめなのが塩素系漂白剤を使うことです。

 

使い方は排水溝とゴミ受けにシュシュッっとスプレーし、5分ほど放置するだけ。超簡単。液体タイプだとすぐに流れてしまうので、液だれしにくい泡タイプがおすすめです。

 

さらに、洗い終わった後のゴミ受けに丸めたアルミホイルを入れておくと、金属イオンの力でぬめりの発生を抑えることができるのでコチラも忘れずに行いましょう。

・油の飛び散り

1人暮らしでは揚げ物はそんなにしないから関係ないのではと思いますよね。しかし、普通にフライパンで炒め物を作る際にも意外と油は飛び散っているんですよね。

 

調理中に飛び散った油は、そのまま放置しておくとなかなか落ちないしつこい汚れになりイヤな匂いも発するようになります。

 

飛び散った油は、コンロ周り・壁面・床のほかにも、天井付近・近くに置いてある家電にまで付着している可能性があるので、広い範囲を掃除する必要があります。

 

油汚れを落とすには市販の洗剤でもいいのですが、よりきれいに落としたい場合には重曹が効果的です。

 

汚れには酸性(油汚れ等)とアルカリ性(水アカ等)の2種類があるのですが、油汚れは酸性の汚れなので逆の性質(アルカリ性)を持つ重曹を使うと中和されるので、市販の洗剤で落とせなかった頑固な油汚れを落とすことができます。

 

重曹の使い方は汚れが気になる箇所に直接振りかけるだけ。超簡単です。数分後洗い流せばOKです!

・隙間に落ちた腐った食材

皆さんコンロの隙間とか見てますか。

 

意外と調理中に入り込んだ食材の欠片や野菜カスなどがあってこれが悪臭の原因になっているってこともあります。

 

悪臭だけでなくアリやGが発生する原因にもなるので注意が必要なので、定期的にコンロの隙間を掃除するようにしましょう。また、ガスコンロ周りに隙間ができないようにアルミホイルなどを敷くのも有効ですね。

 

とにかくコンロ周りは「定期的に掃除する」「隙間を作らない事」が重要です!

・ふきん

キッチン用のふきんは使用後にはしっかり洗っていないと、菌が繁殖して悪臭の原因になります。

 

ふきんは定期的に薄めた塩素系漂白剤で付け置きして菌の繁殖を防ぐか、新品の物に取り換えましょう。私は付け置きするのは面倒なので、ある程度汚れてきたら潔く新品のふきんを使うようにしています。

 

ふきんはせいぜい一枚数十円程度なので、漂白剤で除菌する手間を考えればこちらのほうがお手軽かと思います。

まとめ

【キッチン編】1人暮らしの部屋は意外と臭い!においの原因と対処法を調べてみた

悪臭の原因は至る所にあります。

 

汚れの種類(酸性・アルカリ性)によっても使用する洗剤等が変わってくるので、頭の片隅に入れておきましょう。

 

一度にすべてを掃除すると大変なので、定期的に(出来れば毎週)悪臭が発生しそうな個所を見直してみましょう。

 

また、下記の記事で狭いキッチンをうまく使う為の収納術やおすすめアイテムを紹介していますので、ぜひ読んでみてください。

一人暮らしの狭いキッチンの収納術とおすすめアイテムを紹介!
一人暮らしで小さめの部屋の場合、キッチン周りがどうしても乱雑になってしまうことが多いものです。 物があふれてしまい、実際に料理をする時に物をどけながら作業をしなくてはならず、不便を感じることも多いでしょう。 そんな時は、ちょ...
タイトルとURLをコピーしました