一人暮らしで最適な大きさはどれ?自炊する・しない別冷蔵庫の選び方!

1人暮らしで最適な大きさはどれ?自炊する・しない別冷蔵庫の選び方! キッチン

1人暮らしで最適な大きさはどれ?自炊する・しない別冷蔵庫の選び方!

1人暮らしを始めるにあたり家具・家電を新しく買い揃えるという方は多くいますが、選び方を間違えると後悔することが多いです。

 

その中でも冷蔵庫はほとんど毎日使うものですから特に注意が必要です。

 

自炊をする人が容量が少ないものを選ぶとかなり使い勝手が悪いし、自炊をほとんどしないのに大きなものを選ぶと電気代の無駄になるので自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ必要があります。

 

という事で今回は、1人暮らしに最適な冷蔵庫の選び方を自炊する派・しない派別で紹介したいと思います。

スポンサーリンク

自炊する・しないで容量は違う!

まず初めに、冷蔵庫を選ぶポイントとして一番重要なのが自炊をするかしないかです。これにより冷蔵庫の容量が変わってきます。

 

既に一人暮らしを始めて自分のライフスタイルが確定しているなら簡単に決めることができますが、これから一人暮らしをしようとする方は自炊をするのかしないのかある程度決めておきましょう。

 

具体的にどのくらいの容量が必要かと言うと・・・

  • 自炊を週に0~1回:85L
  • 自炊を週に2~4回:140L
  • 自炊を週に5回以上:180L

一概には言えませんが、大体これぐらいの容量を目安に決めれば失敗は少ないかと思います。

 

ちなみに下記画像が容量85L(冷蔵:60L、冷凍:25L)の冷蔵庫になります。

1人暮らしで最適な大きさはどれ?自炊する・しない別冷蔵庫の選び方!

こうして見ると85Lでも意外と容量あるなと思います。2Lペットボトル・調味料類・ちょっとした食べ物・お菓子類が入るので、これなら自炊をほとんどしない人にしてみれば十分な大きさだと思います。

自炊を週に0~1回の場合

自炊をほとんどしない方には容量は大体85Lぐらいのタイプがおすすめです。

 

2Lペットボトル2本・ちょっとした食材・アイス類・調味料類など意外と入るのでこれぐらいがちょうどいいかと思います。

自炊を週に2~4回の場合

自炊と外食が半分ずつ、もしくは外食が多めという方は少し容量のあるものがおすすめです。

 

85Lの冷蔵庫でも行けないことはないかと思いますが、容量が少ないので自炊をするたびに食材を買い出しに行かないといけない手間がかかります。

 

なのである程度食材を保管できる容量の140Lサイズの物が使いやすいと思います。

自炊を週に5回以上の場合

ほぼ毎日自炊をする方には180L以上の冷蔵庫がおすすめです。

 

容量の少ない冷蔵庫の場合、食材を保管することができないので料理を作るたびに食材を買い出しに行く手間がかかります。

 

しかしある程度容量があると食材をたくさん買ってきても対応することができるので、ほぼ毎日自炊をする人はこのサイズがピッタリです。

 

また、容量が大きくなれば年間消費電力量が低くなるので電気代が安くなることもあります。詳しくは下記で説明します。

結構重要!年間消費電力量の確認

冷蔵庫は他の家電と違い24時間365日動きっぱなしなので、少しでも電気代を安くするために年間消費電力量を確認することが大切です。

 

年間消費電力量は冷蔵庫の説明書やインターネットで調べることができ、冷蔵庫の電気代は下記の計算式で求めることができます。

 

年間消費電力×契約している電気料金プランの1kWhあたりの電力量単価=年間電気代(目安)

 

例えば年間消費電力が285kWhの場合・・・

285kWh×25.91円=約7384円となります。年間消費電力が増えれば増えるほど電気代が高くなるという事ですね。

 

また、年間消費電力は容量が大きい物ほど低くなる傾向がありますが、1人暮らしで必要とされる容量はせいぜい180Lです。

 

容量が130~180Lの物は年間消費電力自体はほとんど同じなので、使い勝手や容量をこだわったほうがいいかもしれませんね。

あればうれしい機能・性能

霜取り機能

私が以前使っていた冷蔵庫は霜取り機能が無くて、冷凍庫の周りに氷がびっしりできて製氷皿が取り出せない・・・という事態に何度も遭遇しました。地味に面倒です。

 

そうならないためにも霜取り機能は付いていたほうが便利です。

 

まあ、今の冷蔵庫はほとんどの物にこの機能が備わっているので特に注意することはありませんが、中古で冷蔵庫を探す人はできればこの機能が付いているものを選ぶようにしましょう。

耐熱性能天板

1人暮らしの場合キッチンがあまり広くない為、冷蔵庫の上に電子レンジを置くというスタイルが定番かと思います。

 

しかしこの時に注意したいのが、冷蔵庫が耐熱性能天板になっているかどうか。もし冷蔵庫の上が耐熱性脳になっていないと熱に耐えられないのでかなり危険な状態になります!

 

なので耐熱性能天板が付いている物なのか必ずチェックしましょう。

静音性の高さ

私は1人暮らしをして初めて気が付きましたが、冷蔵庫って意外とうるさいです。

 

特にキッチンとの仕切りがない1Kの場合は余計にうるさく感じます。ずっとブーンブーンなっているので気になって眠れません。笑

 

しかし最近の冷蔵庫には静穏性の高いモデルも多いです。ネットで「冷蔵庫 静か」とかでググればたくさん出てきますのでその中から選ぶのもいいかもしれませんね。

まとめ

狭いキッチンのゴミ箱は置き場所やサイズ選びが重要!

いかがでしょうか。1人暮らしの冷蔵庫を選ぶうえでまず重要なのが、自炊をするかしないかです。

 

それによって必要とされる容量が変わってくるので、自分のライフスタイルに合った物を選ぶようにしましょう。

 

⇒面倒な調理は不要!1人暮らしにおすすめの冷凍食品

タイトルとURLをコピーしました