一人暮らしの狭いキッチンの収納術とおすすめアイテムを紹介!

キッチン

一人暮らしで小さめの部屋の場合、キッチン周りがどうしても乱雑になってしまうことが多いものです。

 

物があふれてしまい、実際に料理をする時に物をどけながら作業をしなくてはならず、不便を感じることも多いでしょう。

 

そんな時は、ちょっとしたアイテムを活用するだけで、ずっとスペースを楽に利用できるようになります。

 

という事で今回は、狭いキッチンを使いこなす収納術と、おすすめのアイテムを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

ちょっとしたスペースを余すことなく利用する

もともとキッチン周りのスペースは狭いので、そのスペースを完全に使い尽くすことを考えましょう。

 

その中でも、シンク下・シンク周りの壁・冷蔵庫の上は、そこそこ収納できるおすすめの場所になっているので詳しく説明していきます。

シンク下

↑クリックで詳細を確認できます

シンク下は狭いキッチンの中で、一番収納スペースを確保ですることができる場所です。

 

そのため、たくさんの物を収納したくなりますが、適当に入れるだけではその収納力を生かしきれないので、何を収納するのか(調理器具or調味料or食器類など)予め決めておくことが大切です。

 

おすすめなのは、フライパンや鍋といった比較的大きな調理器具の収納です。

 

これらをそのままキッチンに出しておくと場所をとって邪魔になるし、かといって壁掛け出来るものでもないので、収納場所を考えるとしたらシンク下一択になります。(小さいフライパンなら壁掛けがおすすめです。)

 

また収納する際にもただ適当に入れるのではなく、100円ショップなどに売っているファイルボックスをいくつか並べ仕切りとして活用すると、スッキリ使いやすく且つキレイに収納することができます。

1人暮らしの狭いキッチンを快適に使うためのテクニック集

フライパン、鍋のふた、背の高い調味料などを立てて収納すると、出し入れしやすく便利です。

シンク周りの壁

1人暮らしの狭いキッチンを快適に使うためのテクニック集

シンク周りの壁は、つっぱり棒とワイヤーネットを使うことで、機能的なキッチンにすることができます。

 

縦にして使うと、おたまやフライ返しやトングなどの長い物をぶら下げて収納することができます。

 

すぐ使いたい時にさっと取り出せる場所に設置することがポイントですね。

 

また、つっぱり棒は横向きに設置すると棚のように使うことができます。

出典:https://roomclip.jp/dir/brand/100yen/2885

このように設置することで、調理しながら使うことが多い調味料や食器を収納することができるので、料理がしやすくなるのでおすすめです!

冷蔵庫の上

冷蔵庫上のスペースと言うのは、狭いキッチンの中でシンク下の収納の次に広い空間が確保されています。

 

しかしそこには電子レンジが置いてあることが多く、そのスペースのほとんどを占領しており、うまく活用できていない場合が多いのでホントにもったいないです。

 

そこで使ってほしいのが冷蔵庫ラックです。

↑クリックで詳細を確認できます

これを使うと冷蔵庫の上に電子レンジだけでなく、かなりの収納スペースを生み出すことができるので、調理器具・食器類・調味料・食材、なんでも収納することができます。

 

さらに、S字フックや小物を入れるカゴもついているので、エプロンやショッピングバッグ、その他こまごまとしたキッチン用品を片付けることができるのでホントにおすすめです。

 

下記の記事で詳しく解説しているので、よかったら読んでみてください。

一人暮らしのキッチンの収納は冷蔵庫ラックがおすすめ!
一人暮らし用の狭いアパートやマンションだと、困ってしまうのがキッチン周りの収納です。 食器やフライパン、鍋などの調理用具、食材、調味料など、たくさんのものを置かなくてはなりませんので、家の中でもキッチン周りというのは一番物が多い場...

おすすめアイテム

つっぱり棒&ワイヤーネット

1人暮らしの狭いキッチンを快適に使うためのテクニック集

このアイテムは狭いキッチンを攻略する時の必須アイテムです。

 

別々に使用してもそれなりに使えますが、この二つを組み合わせることで、使い道が増えるので一緒に使うことをおすすめします。

 

縦に設置すると、おたまやフライ返しといった長い物を吊るして収納することができ、横向きに設置すると、棚のようになるので調味料や食器類を収納するのに向いています。

スリムな水切りカゴ

↑クリックで詳細を確認できます

スリムな水切りカゴは、狭いキッチンでもあまり場所を取らないのでとても使い勝手がいいアイテムです。

 

脚が左右に伸びるものや、調理スペースとして使えるもの等、様々な特徴を持った水切りカゴがあります。

 

下記の記事で詳しく解説しているので読んでみて下さい。あなたにピッタリの水切りカゴが見つかると思います。

機能性抜群!狭いキッチンでも使える水切りカゴ5選!
水切りカゴって便利ですが、結構場所をとるため1Rや1Kのような狭いキッチンじゃ使い勝手があまり良くないです。 そんな場所をとるイメージの水切りカゴですが、中には狭いキッチンにも対応できるようにうまく考えられた水切りカゴも存在し...

キッチンワゴン

↑クリックで詳細を確認できます

シンク下・シンク周りの壁・冷蔵庫の上にはそれなりの収納すぺーすがありますが、それでも物が多くて収納できない時は、キッチンワゴンが便利です。

 

キッチンワゴンは足元がキャスターになっているものもあり、移動式の収納棚という感じでコップや小皿といった小物や調味料類を収納でき、足場を固定すればワゴンの上にまな板を置いて調理スペースとしても使うことができる狭いキッチンを攻略するための万能戦士です。

 

細長い長方形をしたものが多いので、普段はキッチンの隙間に収納して使うときだけ取り出すようにしておけば、狭いキッチンでも邪魔になる事はほとんどないです。

 

手っ取り早く収納を増やしたいという方にもピッタリだと思います。

調理スペースを確保するには?

キッチンが狭すぎてまな板を置けない時の3つの対処法

狭いキッチンを使う上でみんなが悩んでいることは、収納場所の少なさの他に、調理スペースが小さいこともあげられます。

 

特に1Rや1Kといった小さめの部屋のキッチンのほとんどは、コンロが1口に流し台が付いているだけのコンパクトな設計になっていることが多く、調理するスペースどころかまな板を置くスペースすらありません。

 

でも、この世の中には狭いキッチンでもまな板を置く裏ワザ的な方法が存在します!

 

しかもどれも簡単に出来るので誰でも試すことができます。

 

それは下記の4つの方法です。

  1. シンクにピッタリサイズのまな板を使う
  2. スライドラックを使う
  3. ちょうどいい高さの食器棚を使う
  4. ガスコンロ・IHの上に置く

この中でおすすめなのが、「シンクにピッタリサイズのまな板を使う方法」「スライドラックを使う方法」です。

 

まな板を使う方法は、これでかなり調理スペースが広くなると同時に、食器などを置くスペースとしても使えることができるので簡単であり且つ便利です。

 

スライドラックを使う方法も便利で、多くの人が実際に利用しています。

 

アルミ製のラックで、左右に広げることができますので、シンクの幅に合わせて置くことが可能です。

 

シンクの上に洗った後の食器を置いたり、カットするための野菜を置いたり、ゴミをとりあえずよけたりすることができますので、調理時のスペースを広げるのに役立ちます。

 

下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください!

キッチンが狭すぎてまな板を置けない時の4つの対処法
ワンルームや1Kなどの比較的狭い部屋では同じようにキッチンも狭いです。その狭さはまな板を置くことすらできない程で自炊する気がなくなります。 いっその事すべて外食にしようと思うくらいですが、1人暮らしで自炊を全くしないという方は経済...

狭いキッチンはアイデアとアイテムの組み合わせで攻略できる!

狭いキッチンを使うのは、なかなかストレスが溜まります。

 

特に毎日自炊をする方にとってその問題は、かなり深刻です。

 

しかし、アイデアとアイテム次第でいくらでも収納スペースを確保することもできますし、まな板を置くスペースを作り出すこともできます。

 

今回紹介した内容で、ある程度はストレスを緩和することができると思いますので、自分が実践しやすい箇所から取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

もしそれでも狭くてイライラするのであれば、思い切って広いキッチンの部屋に引っ越すのも一つの手段です。

 

確かに狭いキッチンの部屋と比べると家賃が高くなることは確実ですが、今のままストレスを溜めながら生活するといずれ自炊をしなくなると思います。

 

そうすると外食などが増え、かえって食費が高くつきます。

  • 広いキッチンに引越して自炊:家賃5000~10000円UP
  • 狭いキッチンでストレス⇒自炊しない⇒外食中心:食費が5000~10000円UP

個人的な意見ですが、最終的にはこの二択から選ぶことになると思います。

 

どちらを選ぶかは人それぞれですが、どちらにせよせっかくの一人暮らしですから、ストレスが少ない方を選びたいものですね。

一人暮らしの狭いキッチンを快適に使うための3つのポイント!
初めて一人暮らしをする場合、実際に住んでみないとわからない生活の不便さというものに遭遇することが多いです。 特に1Rや1Kぐらいの比較的狭い部屋の場合はよく遭遇しますね。その中でも特に不便を感じるのは断トツでキッチンでした。 ...
タイトルとURLをコピーしました