【一人暮らし初心者必見】水道代の節約には節水シャワーがおすすめ!

【一人暮らし初心者必見】水道代の節約には節水シャワーがおすすめ! 水道光熱費

【一人暮らし初心者必見】水道代の節約には節水シャワーがおすすめ!

電気代やガス代に比べて安価な水道代。

 

節水節水と言われるようになり、最近では節約する必要もないぐらい水道代が安くなる場合もあります。

 

実際、一人暮らしの水道代は基本料金(大体1500円ぐらい)以内に収まっていることがほとんどなので、無理に節水する必要はないです。

※基本料金は月々の使用量に関係なく支払う金額です。地域によって金額が異なります。

 

しかし、月々の水道代が2000円以上するかたも多くいます。そんな方にはシャワーのヘッドを節水シャワーに替えることをおすすめします!

 

おすすめする理由をまとめてみましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

無理なくできる

トイレのタンクにペットボトルを入れる、お風呂の回数を減らす等、節水方法はいくつかありますが節水シャワーをおすすめする最大の理由は無理なくできることです。

 

節約・節水するということは少なからず我慢することになります。実際3人に1人はストレスに感じているらしいです。

 

ストレスを感じるようであればいくら節約のためとはいえ長続きしないものです。

 

その点節水シャワーはシャワーヘッドを交換するだけで今まで通り使えるのでストレスフリーです。それでいて節水できるんですからおすすめしない理由がありません。

↑こういうやつですね

値段も大体2500円からあります。取り付けも簡単なので気になる方は調べてみてください。

その他基本的な節水方法

節水シャワー以外でできる節水方法は下記があります。

  • トイレのタンクにペットボトルを入れる
  • トイレのレバーは小を使う
  • 湯船にペットボトルを入れる
  • お湯は捨てずに追い炊きする

たしかに節水できますがデメリットもあるので詳しく見ていきましょう。

トイレのタンクにペットボトルを入れる

トイレのタンクに水の入った2Lペットボトルを入れて、流す際の水を節約しようという方法です。この方法は有名なので実践している方も多いのではないでしょうか。

 

しかしこの方法、ちょっと危険です。

 

タンク内でペットボトルが引っ掛かり水が止まらなくなって部屋中水浸しになったという話がありますので、注意が必要です。

 

この方法を実践する場合は、タンク中で引っかからないようにペットボトルをしっかり固定するか、小さいペットボトルを使用しましょう。

トイレのレバーは小を使う

毎回大を使うのはもったいないのでレバーはなるべく小を使おう!という節水方法です。

 

たしかに小でも意外と流れていきますよね。

 

しかし!!タンクにペットボトルを入れている方はさらに水の量が少なくなっているので、紙がちゃんと流れずに配管が詰まる原因になりえます。

 

タンクにペットボトルを入れる方法と、レバーの小を使う方法は併用しないほうがいいかもしれません。

湯船にペットボトルを入れる

湯船に水の入ったペットボトルを入れるという方法。これはトイレのタンクの方法と理由は一緒です。その分の水を節約できるということですね。

 

でもこの方法、せっかく湯船につかってリラックスしていてもペットボトルが邪魔になると思います。

 

おとなしく半身浴にしたほうがいいと思います。

お湯は捨てずに追い炊き

お湯を新たに入れずに追い炊きするという方法。たしかにお湯を継ぎ足ししない分水道代を節約できます。

 

でも、追い炊きするとガス代が高くなりますね。これじゃ節約の意味がないです。

 

なので無理に実践する必要はないかと思います。

まとめ

【一人暮らし初心者必見】水道代の節約には節水シャワーがおすすめ!

一人暮らしでの水道代は、普通に使っている分では基本料金内で収まるので、無理に節約しようと考えなくてもいいと思います。

 

節水せずにじゃんじゃん水を使え!ということではないので!笑

 

無駄に使わない→けど水道代が高い・基本料金を超える→節水しよう!という感じで、基本料金を超えるようであれば節水シャワーに替え、ストレスにならない程度に実践してはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました